FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CGCなみあいオールスター その2

なみあいオールスターDAY2です。

さわやかクラスの後にオールスターというスケジュールです。
コース図はこんな感じです。


12282921_616848635120352_347576001_n.jpg

コース全長は5km位との情報だったので、
YZ250FX超燃費がよいので2リッターでもいけちゃいそうでしたが
念のため4リッター程注入。
結果は結構余りました。

スタートは30秒おきに2台づつ。
DAY1予選7位だったので4列目スタートで
TACさんとご一緒させていただきました。
12278687_1501138680181063_1337643609352020344_n.jpg

TACさん、前日はオールスターとの闘いの前に
まさかのアニサキス寄生疑い<の胃痛と戦っておられました。

かなり辛そうだったんですけど、本戦当日は
「オレの胃がアニサキスに勝ちましたよ」との笑顔でしたので、安心しました

これで順位がひとつ下がったな…


前列はキングロッシ選手とタイスケ選手。
その前にはIAカズト選手、小川選手、森選手、ケンジ監督
4列目まで全員国際A級ライダーです。
まさにオールスター。

・・・・まぁ私はエンジョイライセンスなんですが。テヘ。


2台づつ30秒おきにスタートです。
最後尾とは6分程度差が開きます。

早く回れるかどうかという要素ももちろんあるのですが、
コース幅がせまく、セクションもきついので、
セクション前にアタックの順番待ちができてしまい、
後続に大概追いつかれてしまいます。
難所を一発で抜けること
が大きく順位を左右しました。
レース時間の半分は順番待ちの時間だったような気がします。

なので、スタート順が早いとアタック順が早くなるのでかなり優位性があります。
何よりコースも後になればなるほど荒れるので。
予選に参加されておらず最後尾スタートだった
ユータロウ選手、マエハシ選手、タイキ選手等のスター選手達が予選走っていたら
結果もまた全然違っていたことでしょう。


スタート後、ずっとTACさんの後をつけて走ります。
スターライトリバーへ到着
_b293919_23385183952_o.jpg

見た目は結構厳しそうに見えるのですが、
なみあいの岩は水温が冷たすぎるのか、コケが少なく
かなりグリップの良い沢です。
特に詰まるところもなく淡々と登ります。
_b293964_23411318981_o.jpg

ここでタイスケ選手がなぜかちょくちょく止まっていたので(作戦か!?)
チャーンス!とばかりにTACさんと一緒に抜き去ります。

SLリバーを抜けてしばらく走ると、
すり鉢状になっている助走の短いヒルクライムで
IAカズト選手がやりかぶっているのを発見!

チャーンス!
こちらもTACさんと一緒に抜き去ります。
その後しばらく進むと、
第一の関門チーム太平洋に到着。

ひたすらつづら折れの急斜面を登るルートなんですが、
最初の1~2合目あたりは直線的なヒルクライムっぽくなっており、
惰性で登っていたTACさんが途中で止まってしまいます。

チャ~ンス!( ✧Д✧) キラーン
ここであろうことかTACさんをパス。
こ、これは…!かなり上々の滑り出しでは!?
と若干テンションあがりますが、
この先、6合目付近でとんでもないものを目撃します。

ロッシさん、森さん、小川さん、ケンジ監督の全員が団子に…
ロッシさんと森さんは自力で突破しましたが、その後
あのIAS小川選手が何度もチャレンジするが登れない…

結局スタッフがヘルプして小川選手とケンジ監督が登っていく頃には、
タイスケ選手、長谷山選手が背後で順番待ちしていました。
しかもかなり目がマジです。目が三角になっていますよ…。

この小川選手とケンジ監督が登れなかった狭いエリアで
我先にと5位争いが勃発。(笑

とりあえず一番前にいたので譲らず、
アタック!
からのスタック!
からのスタッフヘルプ!
で抜け出します。

そのまま登っていくと、
10合目付近に最後のいやらしい根と黒土のヒルクライムがあります。
ここが今回いちばんやりかぶり…
5回以上失敗しました。(´;ω;`)ウゥゥ
ギア比が合わず、かーなーり苦戦しました。
長谷山さん、まさるさん、永原君、森君、TACさん、に抜かれた後に何とか登頂。

あとでロッシさんに聞いたら、ロッシさんも同じ場所4回やり直したって言ってました。マジか!
スプロケ丁数ロッシさんと同じなんで、絶妙な罠だったんではないかと…。

チーム太平洋、常設コースになるらしいです。
狂ってるぜ!なみあい!
興味が湧いた方はぜひ遊びに行ってみてくださいー。

次は下りです。
激下りです。

でもまぁ下りは変な所へ落ちない限り特に問題はないかなーという感じです。
前転するきっかけにような凹凸はなく、
ただただ斜度がきついだけです。ははは。

途中でVAAMヒルを登っている途中の森コウスケ選手とすれ違いました。
「ホゥー!」
ってめっちゃ笑顔で声をあげてました。ライダーズハイですねアレは…きっと(笑
ホントふつう見れない面白いものが色々見れますオールスター。


下りきるとダートフリークヒルがあります。

ここに誰も興味がないであろう、私とG-NETランキング3位争いをしている永原選手がいました。

IMG_1383.jpg

まさかのウェアも色違いでカブるという因縁付き。
決して負けられません!



そんな永原選手がシフトぺダルが折れてしまったとのこと。


ふははは!ランキング3位はいただいた!



…と思っていたら、その後も順調に走っていた様子。


なんでかな~と思っていたら、なんとちょうどこの先のVAAMヒルにいた

ダートバイクZIMの水上さんが携帯していたパーツで直してしまった模様

なんて余計なことを…

こんなサポートが当然のようにできるのが、ホントにエキスパートだなと~思いました。
168のサポートって、①隣でビール飲む②ピットボードに落書きをする程度ですからね…。




その3へ続く…かも

レポート完走できない気がしてきた…(゜□゜;)



お写真ですが、
もはやプロなカメラマン
so4さんよりいただきました!
いつもお世話になっております!

かっこいい写真いっぱいありますよ
(※各クラスあります)
https://www.flickr.com/photos/pi3rr3/sets/72157661390960100
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。