FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2016“DIRT SPORTS”カップ アクションエンデューロRD.3『丸太祭り』@プラザ阪下 vol.2

みなさんコンニチハ。ごっしーです(๑¯ㅁ¯๑)

レポートを書くのが面倒臭くすぎてフェードアウトお蔵入りを狙っていたのですが、空気を読めない身内に指摘されたので続きを書こうと思います。3ヵ月も前のレースレポートですのでワタシの記憶も薄れ、何より皆さんの関心も遠のいた頃合でしょうね。( ´∀`)ハハハハハハ…


↓↓↓前回からの続き٩(ˊᗜˋ*)و

レース内容の前に……


丸太祭りは毎回ゲストライダーが豪華です!トップライダーの走りを間近で体験できるのは嬉しいですね。まあ、ブチ抜かれるほんの一瞬だけですけど……(ノω;`)

左 吉川和宏選手
中 真田治選手
右 藤原慎也選手

注目はやはり現役トライアルスーパーA級藤原選手です!トライアルライダーの超絶テクはもちろん、バイクおりても超絶イケメンなんですね。さすがトップ選手、オーラが違います。(´-ω-`).。oO(それに比べ、168のエロセコIAと腹黒ゼッケンはなんなんですかね。オーラのオの字も垣間見えません。)

そして↓↓↓は関西の名物MCおやじちゃんです。誕生日のお祝いにコスプレ(衣装のサイズに悪意を感じます)をさせられています。


今回のレースを主催するオフィスアクションは関西ローカルを代表する老舗オーガナイザーですが、アットホームな雰囲気がとても良いですね!今後も面白いレースを企画してもらいたいものです。そのためには参加させてもらうワタシ達も、レースの魅力を伝えるべく情報を発信していきたいですね~( ˘ω˘ )ウムウム
(3ヵ月もブログを滞納させるなど今後はこういったことがないよう…………ゴニョゴニョ)


それではいよいよ3時間クラスのスタートです!!


Aクラスは1列目のスタートです。横にはライバルのイスヤンがおり、2人仲良く出遅れてまあまあ後ろからのスタートになりました。とはいえ基本的には阪下のハイスピードなコースを走りますので、走り慣れたコース系ライダーには到底かないません。トップ集団の出足の勢いはさすがです。

と思ったらボクの前にイケメンIAS藤原選手がいるではありませんか。
「はは~ぁん、さ~てはイケメントライアルライダーめ、こやつコースを走り慣れておらんな?(。-∀-)ニヤリ」
と思って見ていると……、壁を登りながら斜めにターンしてショートカットして前走者を抜いていきました。
「……ぬぅ、さすがトライアルIAS。やりおるわ( -᷄ ω -᷅ )
しかし!阪下のハイスピードコースで捉えてやるわ!!(# ゜Д゜)クワッ」
と、追いかけるも一瞬で見えなくなってしまいました。
「……え?トライアルライダー、コースも激速やん。サーセンふぃた…(#)'3`;;)」

トップ集団から少し遅れて一周目は5位で帰ってきました。この時点で招待ライダー3名とシンコーのサポートライダー野口さんが前にいるのかな?というカンジで思ったより順調なスタートです。

そして2周目に入ったところで招待選手の真田選手を発見!一気にブチ抜きます!なんということでしょう!
「ワイ、いつの間にかメッチャ速くなってるやん!ひゃっっっっはああああああ!!ワイかっこいい!!( ๑>ω•́ )۶」
っと一瞬思ったのですが、そんなハズもなく、真田さんガッツリパンクしちゃってました。それもコースのかなり前半で。これは周回してピットまで戻るだけでも大きなタイムロスです。
「勝ったな(`-ω-´)フッ」
ということで4位に。

そしてその後ついに今回の(勝手に)最大のライバル、野口選手の姿を捉えることができました!



ですがさすがアクションエンデューロシリーズチャンピオン、安定した走りです。ちょっとしたセクションでは少し追いつくのですが、ハイスピード区間ではジリジリと離されてしまい、ついて行くのがやっとというカンジです( -᷄ ω -᷅ )ヌゥ…
後半はセクションにラインがついて走りやすくなり、よりハイスピード勝負になるので今のうちに前に出ないと勝てないだろな~、とは思うのですが、まったくスキがありません。

……ですが、コース上で1箇所だけワタシに有利なチャンスポイントがあったのです!!(`✧ω✧´)キュピーン!



コース終盤のギャラリー丸太です!

大半のライダーが真ん中の玄人ルートを通っていたようなのですが、ワタシは手前の丸太一本橋が一番速くて楽だと狙っており、やはり大正解でした╭( ・ㅂ・)وヤリィ
他のラインはステア越えのために速度がほぼゼロまで落ちてしまうのですが、一本橋ラインは2~3速のまま抜けられます!ここで5秒は稼ぐことができ、野口選手をパスすることができたのです!(ง°̀ロ°́)ง{ッッッィィィィイイイイヨッシャアアアアアアアァ!!!!

そうして前半を3位で折り返しますが、すぐ後ろに野口選手が。少しのミスで抜き返されそうでビクビクです。精神的にも体力的にもしんどくなってくる中盤戦ですが、チーム員やいつも山でお会いする方々のコース脇からの声援が嬉しいですね!( *´ω`* )
「へばってなんていられないぜええええ!!」
ついつい張り切ってペースを乱して脚をツってしまいました(゚▽゚;)ハゥゥゥゥ!!!!

それでもなんとか順位を落とさず周回していると、ラップ計測ボードの順位が2位に上がっているではありませんか!これはまたもやタナボタの予感です。



後から知ったのですが一瞬で見えなくなったはずのイケメンIASが何やらトラブルで大幅に失速していたようです。真田選手のパンクといい、何やら今日は勝てそうな気がするうううううううぅぅぅぅぅぅぅ━━━━(゚∀゚)━━━━!!!!!!

と調子にのっていると後ろから2st125の甲高いパイーーんと共に一気にブチ抜かれました。



アクションED常連招待選手のヨッシーこと吉川選手です!もうマジで意味分からん速さです( ;∀;)華麗なコーナリングはもちろん、セクションやガレなど125ccとは思えないほどスムーズです。



さらにはパンクで2周分遅れていた真田選手にも一度抜かれ、招待選手の3名との実力差を実感しました(๑º ロ º๑)ナンテコッタ



そんな訳で、吉川さんにはしっかりラップされ他にもタナボタ感は否めないですが、なんとか2位でゴールする事ができました!!アクションEDでは招待選手は章典外扱いなので……

表彰台では優勝ってことですょぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!
(ง°̀ロ°́)ง{イヤッッホォォォオオォオウ!!!!!!!!!!!!!!



普段は汚山ばっかり走ってるのにサーキットエンデューロで結果が出るのは意外なのですが、やはりこの手のレースはハイスピード区間はあまり差がでにくくセクションの類をスムーズに抜けられるのが一番タイムにつながるのかなあ、と思いました。何より今回はギャラリー丸太攻略の恩恵が大きかったようです(ワイカッコイイ汁ぶしゃあぁぁぁでテンション↑↑)。



つまり……、↑↑↑たーくん様様って事ですね!!( •̀ᄇ• ́)ﻭ✧(レース前に陰で悪口とか言ってないぞ!)





3ヶ月も滞納した薄い内容の自己マンレースレポートを最後まで読んでいただき本当にありがとうございます。・゚・(*ノД`*)・゚・。

最後になりましたが、丸太祭りの楽しさが最も伝わる写真をしみちゃんさんが撮ってくれてますので是非ご覧ください↓↓↓
(被写体ガンジー)


↑しみちゃんPhotoBlogより
http://mxsm-photo.hatenadiary.jp/entry/2016/12/16/193922
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。