FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

G-NET HARD ENDURO R3 サバイバルin広島に参戦してきました!

G-NET HARD ENDURO R3 サバイバルin広島に参戦してきました。

メンバーはですね、


ごっしー
学生時代からのライバルです。
林道はバカ速ライダーですが、最近ハードエンデューロへ目覚めた模様。
レース慣れすれば固定ゼッケン圏内に入る可能性十分ありそう。
S__5447732.jpg




イズヤン
私を師匠扱いしていたのですが、葛木組の方へ乗り換えたようで、
斑尾のレースから広島のレース前日まで一度も見かけませんでした。
そんな根無し草な彼はこれからこう呼ぼうと思います。
「椅子やん」
img2040135214470.jpg





すずき君
若手有望株の一人。
実力はこれからですが熱意が素晴らしい。
その熱意があればそのうち実力もついてくるハズ。
12705795_222409408105830_3408499373396050792_n.jpg






IAタニサキ
RacingTeam168最強の男(肩書上)国際A級ライダーです。
安定して成績を残し、IAへ昇格したその実力は本物で、オンタイムエンデューロで培われた技術で最高のPIT作業もこなしてくれます。
無題
個人情報にうるさいですが、ネットで見つけた情報なので晒しても大丈夫でしょう



ハラさん
ごっしーと椅子ヤンのお知り合いです。
斑尾は友達と何人かで参戦したらしいのですが、
今回はなぜか誰もついてきてくれなかったとのこと…
理由については心当たりがありすぎて…
しかし斑尾のゲロゲロクラスを走って、友達もなく単独で広島にも参加されたあなたは
本物です。

[NO IMAGE]


G-NETの過酷なレースに参戦する仲間は本当に貴重ですよね。
若手も本当に貴重なんで、少しでもG-NETに興味ある方は
ぜひですね、168メンへコンタクトとってみてください。
一緒に遊びましょう!!(๑•̀ㅂ•́)و✧

なんか怪しい宗教勧誘みたいな記事になってきましたが、
レースの話に移ります!





サバイバルin広島というレースはSP忠雄広島が毎年主催しているレースで
なんと来年で20周年になる歴史あるイベントです。

20年も続くイベント、伊達ではございません。
テージャスランチの広大な敷地をフルに生かし、沼・山・沢・牧草地・沼あらゆるロケーションを一度に満喫でき、TOPですら一周40~50分かかるボリュームのあるコースを、300分満喫する(※苦しむともいう)ことができます。ちなみに厳しいコース設定の為、一般的なライダーでは300分あっても周回を重ねることは叶わず、梅雨時期の水分を含んだ厳しいコンディションの今回は、なんと実に半分以上のライダーが0週という結果に。
しかも30分以内にチェッカーフラッグを受けないと「失格」扱いになるというルールもあり、ラストラップに突入するタイミングを誤ったり、ラストラップで軽いトラブルになっただけで、TOPを走行していても失格になるケースが十分にあります。
まさにサバイバルという名を冠されるにふさわしい非常に緊張感のあるイベントです。

ただ、最近のG-NET系にありがちな、かなりのレベルに達していないと周回できなさそうなコースと違い、初級者でも心とバイクさえ折れなければ一周できるような主催者のが感じられます。要するに全体的に難しいですが、極端に難しいセクションありません。なんせ一度は参加していただきたい素晴らしいレースです。
10004361.jpg


…そろそろレース内容に移ります(´・ω・`;)
ダラダラ書いてしまう癖があるようです。
すいません



まずスタート。
サバ広名物の、100台を超えるバイクの横一列一斉スタートです。



位置は戦略的に左端に陣取りました。

決して出遅れて左端しか一列目に並べなかったわけではございません。




そして右隣にはキング、ロッシさん。
まさか…ロッシさんも出遅れたのでは…(;´艸`)

いや、きっと戦略です戦略。



スタート前に実はめちゃくちゃ気になってることがあったんです。



スタートフラッグの方、めっちゃ真ん中に立ってますけど…


轢かれません…か?



まさかあの位置で旗を振るのか…!?


まさか…!?


振ったーーーーーー!!(゜θ゜)


私の隣の隣の方が動画を撮影されていたので、拝借しました。

スタート3秒後。
華麗な逃げジャンプ。
サバ広2016start



もしやスタッフまでもが体を張ってサバイバル感を演出しているのか!?


…もうすこし位置は考えたほうがいいかもしれませんネ。
カメラマンの位置に熊本ユータ選手がいたらたぶんアホみたいな速さで轢かれてましたね!

動画はコチラ



第一コーナーは右コーナーで、大外からオーバースピードで曲がり切れなかったバイクをすり抜け何やら10数番手に。なかなか好調な滑り出し。

スタートから沼までは特に厳しいセクションもないので、順位もそう入れ替わらず。
めちゃくちゃやる気満々のアヤトに抜かれましたが、300分あるんであまり無理せずペース崩さず走ります。

一週目の沼はまだ台数も少なく荒れてないのでまっすぐに走り抜けます。
山の中も割と路面が乾いており、ちゅるちゅるな感じではなく丁寧に走ればグリップする感じです。
キヨカワ選手とR2斑尾で話題沸騰中のイトウ選手と抜きつ抜かれつしながら走っていたのですが、
いつの間にか私が前に出た状態で出会わなくなり、テージャス山へたどり着いた時には独りぼっちに。
テージャス山を登っていると、停車してフロントタイヤあたりをチェックしているアヤトを発見。

・・・( ̄∀ ̄*)ニヤリ



テージャス山を全力でエスケープし、その先の山を走っているとこの方に遭遇します。
10004352.jpg

スタートで出遅れたのか、今回優勝者の河津選手が後ろからやってきました。
5分ほど一緒に走っていましたが、今回の河津さんは走りのキレが違います。
サバ広は全体的にキャンバーや轍を横切るようないやらしいターンが続きますが、
やはりそういう所を走ると、バランスをとる為クラッチ、ブレーキ、アクセルを細々と操作してしまいがちです。
しかし河津選手はまるで平らなコースを走ってるように一発でスパッ スパッっと曲がります。
「ミスのない走り」と河津選手が公言してましたが、抜群の安定感と無駄の一切ない走りで、ミスがないだけじゃなく速いです。
無理なく速い。そんな感じでとても勉強になりました。
ジャックナイフの練習して前転すればいいのに。

私もいつもミスのない走りを心がけており、今回も大きなミスは出していません。
…が、ミスのない状態でどこまでペースを上げられるかが問題です。
前日の下見で体力が尽きており、当日あまりにも足がだるくて98%座って乗ってました…(;´艸`)
体力不足対策が必要なようです…下見に耐えられるよう足腰を鍛えねば…。

その後はですね、マシントラブルの熊本ユータ選手がちらちら前に見えたりしたくらいで
特に誰にも出会わず2週走ってピットイン。
あまりにしんどかったので、IAタニサキさんが用意してくれていた
氷水バケツにヘルメットを脱いで頭からドボン。
最高に気持ちいいです~。
イスに腰かけてエネルギー補給をして休憩。
キャメルバッグにに水を足したりバイク給油したり
ゴソゴソゴソゴソ…。

わりとPITでグダグダしておりました…(汗

しかし、軽く熱中症気味で頭が痛かったので
このウダウダした時間も300分走る上ではかなり重要な意味があるはずです。
夏のレースではPITでびしょぬれになるくらい水をかぶります。
レース前も必ずびしょ濡れの状態にしてからスタートラインに並びます。
首から1L水をかければ、1L汗をかく以上に体を冷やせます。
氷水ならなおさらです。IAタニサキに感謝。
ガソリン溢れるまで満タンにしてくださり超重かったのは黙っておこう…。


3週目以降は、朝からお天気だった影響か、路面状況がどんどん良くなり、ペースが上がります。
おそらく上位陣のタイム差は3~4週目は少なかったんではないかと。
スタートで割と好位置につき、全然攻めれてなかったですが特に大きなミスもなく1~2週目を
走り切ったおかげで、終わってみればなんと3位でした!
最後はアヤト選手が後ろの方でチラチラ見えており、かなり追い上げられていたようですが何とか逃げ切り成功です。

他にもユータ選手のトラブルやTAC選手のムーステスト等、たなぼた的な要素がありましたが、
内容はどうあれサバ広3戦目にして、初めて入賞出来てめちゃうれしかったです。

10004379.jpg


ただ、チェッカー直後にロッシさんと河津さんがいて、真顔で
「ごっちゃん全然ダメダメやん」
とお二方から厳しいお言葉・・・(泣

ロッシさんには「なぜあの普段の練習内容で3位なのか理解できない」と言われ。

森匡佑くんには「普段ウィリーしかしてないのに…」


あの~ その~ 一応…3位だったんですけど~ダメ出しだけ…(涙

まぁこの豪華メンバーと並んで表彰されるのはやっぱりうれしいですけどね!
ダメ出ししかされてないけど…
13516230_1161818213882647_441899672673275502_n.jpg


しかし、攻めれずに守りに入ってたのは間違いないです。
河津さんからは「もっと全身を使ってバランスをとれ!体が全然動いてないぞ!」との貴重なアドバイス。
次の琴引までに何とかせねば…!



~その他メンバーの結果~

ごっしー20位
醜い醜い身内バトルは椅子ヤンの勝利で幕を閉じたようです。
中盤までは先行していたみたいですが、
沼の魅力に取りつかれ、30分くらい沼で遊んでしまったらしいです。


椅子ヤン19位
ごっしーに勝利し、更に初のG-NETポイントゲットだと喜んでいましたが、
TOPの6割(3週)走れてない為、未完走扱いでまさかのノーポイント(笑

すずき君
あなたも沼が好きなのね…。
一週目に沼にハマってそのままレース終了。
サバイバル失敗…。懲りずにチャレンジしてね!

ハラさん38位
ハード系の経験浅いながらもこのコンディションで一周!素晴らしいですね!
G-NETあきらめずぜひまたチャレンジしてください!
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。